加齢臭が華麗に消える|お悩み解決コスメガイド

花と石鹸

医薬部外品と医薬品

ファンデーション

化粧品との違い

「ドクターズコスメ」とは医師や医療機関などが開発に携わって生まれた化粧品全般のことです。その種類を大きく分けると「医薬部外品」と「医薬品」があります。ドラッグストアや薬局などの化粧品売り場に並んでいるドクターズコスメは、あくまでも化粧品の域を出ないもので、医薬部外品あつかいになります。それに対して、医師の処方箋が必要なドクターズコスメもあります。こちらは医薬部外品とは違い、医薬品の扱いになります。両者の違いは、主に医薬品の含有量にあります。市販の医薬部外品に入れられる医薬品の量は、薬事法によって厳しく制限されています。医薬品が入っているとしてもわずかです。一方で、処方箋が必要なドクターズコスメは高濃度に配合されています。

中身を見て購入すること

「メディカルコスメ」「ドクターズコスメ」という触れ込みの化粧品を店頭でよく見かけるようになりました。しかし、ドクターズコスメという名称に明確な基準がないのは確かです。開発の段階で皮膚科医がちょっとアドバイスしただけで、ドクターズコスメというキャッチフレーズで販売している化粧品もあります。「なんとなく効き目が強そう」と感じる人が多いドクターズコスメですが、そうした名称に騙されず、中身をチェックしてから購入することが大切です。本気で肌トラブルを治療したいなら、やはり美容皮膚科で医薬品のドクターズコスメを手に入れるのがお勧めです。医師が皮膚の症状にあわせたレベルのドクターズコスメを処方してくれます。